転職決意者必見|上司に引き止められるパターンと対処法

過去に会社を辞めるときに引き止められた経験はありますか
  • Add your answer

「転職先は決まったけれど、会社や上司に引き留められないか心配」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、よくある引き止めのパターンをあらかじめ知っておき、それを回避する方法を理解しておけば、円満に退職しやすくなります。

上司に引き止める時に使う「パターン」を紹介

多くの人が辞表が受理されないのではないかと不安に感じています。

しかし、よくある引き止めのされ方とパターン別の対処法を知っておけば、実際に引き止められたときにも冷静に対処することができます。

特によくある引き止めのパターンを4つ見てみましょう。

退職の時期を延期してくる

これは、人手不足でポジションを埋められる人材がいない場合に使われるケース。

「あなたの退職は受理しますが、あなたが携わっているプロジェクトが完了するまで待ってほしい。」

と言ってくるパターン。

次の入社日まで時間があり、働く意思があるのであれば、それに応じても構いませんが、退職日は明確にしましょう。

ただし、民法では一定の条件を除き「2週間前に退職の予告をすれば問題なく退職できる」と定められています。

社会人としてのマナーとして、就業規則に定められた退職届の提出時期は守るべきですが、それを超える退職日の交渉がある場合や、法律で定められている場合は、拒否しても問題はありません。


とはいえ、円満に退職するためには、繁忙期を避け就業規則の規定よりも早めに退職届を出すべきです。

部署異動を進めてくる

「別の部署で頑張ってみたらどうか」など、部署異動という形で退職を思いとどまらせる場合もある。

この場合は、転職理由に立ち返ってみましょう。

部署を変えることで解決できる問題であれば、それを受け入れるのもよいかもしれません。

しかし、会社に対する不満や部署を変えても解決できない理由であれば、今の会社では希望が叶わないことを伝えましょう。

待遇の改善を提案される

場合によっては、給与の引き上げや残業時間の短縮など、待遇改善を提示して雇用を継続することもある。

しかし、こうした待遇改善は単なる口約束に過ぎない場合もある。

実際に変わらずに上司に相談しても「そんなこと言った?」「いや上と話してるんだけどもうちょっとかかりそうで」と話をそらされるケースもあります。

改善がなされるという確証がない限り、その申し出はきっぱりと拒否することが望ましい。

情に訴えかけるor高圧的にくる

上司は「ここで辞めるのはもったいない」「辞めたら損害賠償を請求する」などと感情に訴えかけたり、脅したりして引き留めようとします。

上司の中には、本当にあなたのことを思って、このようなことを言っている人もいるかもしれません。

そのような上司の言葉に心が揺らいでしまいそうになったら、転職したい理由をもう一度考えてみたり、今の会社と内定先のメリット・デメリットを比較してみたりしてみましょう。

ただし、一時的に引き止めるために言う上司もいるので、自分の意思を確認し、後悔のない決断をしましょう。

実際に体験した上司の引き止めの例

私は1ヵ月後に契約の更新があるので、そのタイミングで契約を更新せずに退職したいと上司に伝えました。

すると管理者が「そんないきなり…とりあえず話しましょう」ということでそこから1時間ほど管理者の人と話す。

その1週間後に別の管理者を1人加えて3人で話し合いが開催される。

そして今までは何も言ってこなかったのに、どれだけ会社に貢献しているか?今辞めるとどれだけ勿体ないか?を具体的な数字と感情を織り交ぜて話してくる。

その後に

管理者「ぜひ今回の事を踏まえて1週間くらい考えてみてください」

と言われたので”これは長引くな…”と思い、その場で「お話頂きありがとうございます!有難いのですが退職の意思は変わりませんので、残りの勤務で引継ぎを行っていきます」と伝えて退職に踏み切りました。

感情と具体的な数字の両方で攻めてくるパターンと人数でペースを作ろうとする上司もいるので、注意です!

次に、脅迫の場合についてですが、従業員が勝手に退職したわけではなく、会社の引継ぎ業務をきちんと行っていれば、会社が従業員の退職に対して損害賠償を請求することはほぼ不可能です。

自己都合退職は法律で認められた労働者の権利ですので、たとえ脅迫されても退職の意思を強く持ち、乗り切りましょう。

退職の引き止めに対しての対処法

できれば、”今の会社に引きとめられ、退職できない “という事態は避けたい。

事前に何らかの対策をしておけば、会社にしばられる可能性を減らすことができます。

そこで本章では、「会社に引き留められないための3つの方法」をご紹介します。

別の会社でないと絶対にダメな理由を伝える

退職理由が「給与が低い」「業務量が多い」「人間関係」の場合、職場環境を変えることで解決しようと「待遇改善するから」「部署異動でどうかな?」といった切り口で引き止められる可能性が高いです。

そこで、上司に伝える退職理由は「今の会社では経験できない仕事をしたい」など、今の会社では叶えられない理由にすることをおすすめします。

単に「違う仕事がしたい」と言っても、「部署異動で実現できる」と言われる可能性があります。

そのため、「なぜその仕事がしたいのか」「なぜ今の会社ではなく、内定をもらった会社でその希望が叶えられるのか」をよく考えることをお勧めします。

退職を伝えるタイミングを考える

退職の意思を会社に伝える場合は、遅くとも3カ月前、遅くとも1カ月前には伝えましょう。

ただし、就業規則で1カ月前までにと定められている場合は、それに従ってください。

退職の意思を十分に伝えることで、会社や上司は後任を探す時間ができ、あなたが引き止められる可能性は低くなります。

また、職務を継続する時間的な余裕もできるので、職場の人たちの負担も減り、退職がスムーズに進みます。

退職するという意志を持ち続ける

いくら退職理由に説得力があっても、事前に退職の意思を伝えることができても、その意思が弱ければ、会社側は「本当に転職したいのか?と思われ、引き止められる可能性が高くなります。

お世話になった上司に退職の意思を伝えるのは難しいかもしれませんが、「他の会社で頑張りたい」という強い意志を伝えるようにしましょう。

強い意志を持てるか不安な方は、転職を希望した理由を振り返ってみることをお勧めします。

まとめ

よくある引き止められ方と、引き止められない方法について見てきました。

今の会社で退職を認めてもらうのは難しいかもしれませんが、自分の将来に対する強い意志を伝えることが大切であることを意識しましょう。

必ずしも悪い上司ばかりではありませんが、自分の負担が増えたり不利になるから引き止める人もいるので硬い意思を持って転職はしましょう。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です