転職内定者のためのスタートガイド|職場に早く慣れる3つのポイント

新しい職場にはすぐに馴染むタイプですか
  • Add your answer

「内定」はスタートラインに過ぎず、本当の勝負はこれから始まる……

このことを肝に銘じておくことは大切です。

転職活動を終えて入社すると、まず直面するのが職場への「適応」です。


社会人経験があっても、前の職場でのやり方が通用しないのは当たり前です。

「人間関係が心配…」「転職前はこうだったのに、今はこうしなきゃいけないの?」などなど不安は尽きません。

できるなら一刻も早く新しい環境に慣れ、スムーズに仕事をこなしたいものです。

少しでも早く新しい仕事に慣れるためのコツを3つご紹介します!

コツ①:まずは人と環境を把握する

新しい環境では、右も左もわからないのが普通。


まずは、一緒に働く仲間や職場環境をできるだけ早く知ることが大切。

オフィスのどこに何があるかを把握する、座席表などを使って、一緒に働く人の名前と顔を一致させることから始めましょう。

特に、職場の雰囲気を作ってくれる人、頼りになる人、頼れる人は誰なのかを知っておきたいですね。


困ったときに頼れる人がいると心強いです。

仮に1人で黙々と働くような職種だとしても、誰かに相談できる人がいるというだけで心理的な安心感があります。

コツ②:同僚や入社日が近い人と仲良くする

当たり前のことですが、身の処し方で職場になじめるかどうかが決まる。


ここで大切なのは「挨拶」と「謙虚さ」です。

「そんな事は社会人として当然だし、当たり前だよ」と思っているかもしれませんが、意外に出来ていない大人は多いです。

わからないことがあれば、周りの人に聞く。


その際、「お邪魔してもよろしいでしょうか」などと一言添えることが大切です。

相手のニーズに気を配ることも大切です。

そして、何かをしてもらったら必ず感謝の気持ちを伝えること。


当り前のことを当たり前にやることが大切ですね。

コツ③:会社の雰囲気にチューニングして合わせる

一刻も早く自分のことを覚えてもらいたい!これは立派な心掛けです。


ただ、だからといって、普段と違う行動をとるのは得策とは言えません。


まずは、うまく溶け込む努力をすること。


いきなり何か特別なことをしたり、目立ったりする必要はなく、職場の環境に慣れようと頑張っていることをアピールすればいいです。


それだけでも一緒に働く仲間はあなたを認めてくれる。

転職や新卒・第二新卒で入社した場合、同期がいないことに寂しさを感じるかもしれません。

しかし、あなたが頑張っている姿を見せれば、周りは自然とあなたを認めてくれます。


まずは、自分ができることを精一杯やってください!

まとめ

新しい環境で学ぶことは多い。


感謝の気持ちと謙虚な姿勢があれば、一日も早く新しい職場環境に慣れ、快適に仕事ができるようになります。


快適に仕事ができるようにするためには、自分で行動する必要があるのでぜひ意識してみてください。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です