円満退職のコツ|上司への退職意思の的確な伝え方

退職すると決めてからどれくらいで退職したいですか
  • Add your answer

退職を決意したら、まずは上司にきちんと退職の意思を伝えることが大切です。

 

「言いにくいから」「タイミングが難しいから」という理由で上司に退職の意思を伝えなかった場合、スムーズに退職できない可能性があるので注意しましょう。

 

今回は、上司に退職の意思を正しく伝える方法をご紹介します。

 

退職を伝えるのは早めがベストな理由

テレビドラマなどで、「今日で退職します」と辞表を叩きつけるシーンを見かけることがあるが、実際に退職するときにこのような態度をとるのはよくありません。

 

社会人として、職場に迷惑をかけない円満退職を心がけるべきです。

 

法律では2週間前に退職の意思表示をすることになっていますが、会社によっては1ヶ月前に退職の意思表示をしなければならない決まりになっているところもあります。

 

就業規則を確認した上で、スケジュールに余裕を持って早めに退職の意思を伝えるようにしましょう。

上司に退職意思を「直接」伝える

退職の意思が固まったら、直属の上司に退職の意思と「いつ辞めるか」を明確に伝えましょう。

 

上司に会議室など静かな場所に来てもらい、直接退職の意思を伝えましょう。

 

雑踏の中でいきなり伝えるのではなく、「話がある」と伝えることで、お互いにリラックスした状態で話ができます。

 

言いにくいかもしれませんが、電話やメールで退職の意思を伝えるのはやめましょう。

 

 

漠然と 「退職したいのですが…」と切り出すと、上司に 「考え直した方がいいんじゃないか 」と止められてしまうかもしれません。

 

退職の意思がはっきりしている場合は、優柔不断な態度を見せずに「○月○日までに退職しようと思っています」とはっきり伝えましょう。

「退職理由は?」と聞かれた時の対応

上司から退職理由を聞かれることも多いでしょう。

 

このとき、現職への不満を口にすると円満退職が難しくなるので注意しましょう。

 

退職理由は「一身上の都合」または「個人的な事情」として伝えるのがベストです。

 

上司から具体的な事情を聞かれた場合は、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えた上で「新しい分野にチャレンジしたい」「このような形でキャリアアップしたい」など、前向きな理由を伝えましょう。

退職を引き留められた時の対策

上司から「退職は認められない」と言われたり、会社ぐるみで引き止められたりするかもしれません。

 

しかし、退職の自由は民法で保障された正当な権利です。

 

困ったときは労働基準監督署に相談しましょう。

 

退職を思いとどまらせるために、昇給などの好条件を提示されることもあります。

 

しかし、退職の意思を表明したにもかかわらず会社に居座り続けると、社内でギクシャクし、将来退職したいと思ったときにスムーズにいかない可能性があります。

 

退職の意志を固めたら、その意志を忘れずに最後までやり抜きましょう。

まとめ

スムーズな退職のポイントは、職場に波風を立てないよう事前に会社に伝えておく心構えです。

 

業務の引継ぎに十分な時間を確保するためにも、できるだけ早めに退職の意思を伝えることが望ましい。

 

もし今の会社に不満がある場合は、すぐにでも辞めたいかもしれませんが勢いで退職しても次の働き口や気まずい状態で仕事をすることになるので早めに余裕を持って動いていきましょう。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です