退職までのスケジュール|会社を円満に去るための計画

退職は余裕を持ってできますか
  • Add your answer

当り前ですが転職すれば退職は避けられません。

 

どうせ退職するのであれば、トラブルなく円満に退職したいものです。

 

ただ、いきなり「辞めます」と宣言するのではなく、会社の人に迷惑をかけないようにきちんと退職の計画を立てましょう。

 

ここでは、円満に退職するための流れや注意点をご紹介します。

 

転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

 

まずは退職までのスケジュールを立てる

お世話になった会社で、正当な理由がなければ退職を告げることは難しい。

 

しかし、退職の意思を示さず、直前になって突然退職を告げられたら、会社は困ってしまいます。

 

退職の意思表示は遅くとも2ヶ月前には上司に伝えるようにしましょう。

 

2ヶ月という期間は、あなたが仕事を引き継ぎ、会社があなたの後任を決めるために必要です。

 

また、上司を説得するにも2カ月あれば十分です。

退職までの大まかな流れ

 

退職~1ヵ月前

・上司等と相談して後任者を決める。

・日付や誤字脱字などをきちんと確認して退職願を提出する。

・引き継ぎ資料などを準備する

・後任者と引き継ぐ業務内容について直接話し合う。

 

退職~1,2週間前

・取引先への挨拶など

・会社のパソコン内の情報やデータの整理

・自分宛の郵便物の宛名変更(後任者名、部署名など)

・健康保険証や社員証など、会社から貸与されたものの返却

・年金手帳、雇用保険被保険者証などの受け取り(会社が保管している場合)

退職当日

・すべての職務が完了したことを確認する。

・緊急時(トラブル発生時など)は、退社後に上司や後任者に連絡先を伝える。

・お世話になった人に挨拶をする

円満退社をするためのコツ

 

転職先のことは周りに言わない

上司に報告する前に、親しい同僚に突然転職の意思を伝えると、そこから噂が広まり、上司があなたの意図しない形で転職を知ることになるかもしれません。

 

噂で上司に知られてしまうと、上司の理解を得ることが難しくなり、あなたを見る目が変わってしまうかもしれません。

会社の不満を口にしない

原則として、転職理由として会社の愚痴は言わない方が無難です。

 

会社の愚痴を言うことは、残される側にとっても良いことではありませんし、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

 

会社に不満があったとしても、転職理由は個人的な事情にとどめておきましょう。

退職のタイミングは大事

退職のタイミングは重要です。

 

進行中のプロジェクトの終了に合わせて退職する、会社の繁忙期を避けて退職するなど、会社の事情を考慮することで、無用なトラブルを避けることができます。

 

まとめ

退職後に転職する場合は、その間の生活費も考慮する。

 

転職はいつまで続くかわかりません。

 

行き当たりばったりで転職すると、後悔するかもしれないので退職までのプロセスを計画的に進めるようにしましょう。

 

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です