新卒で入社後に辞めることはアリ?転職を考える際のステップ

新卒で働いた会社を辞めたい理由はなんですか
  • Add your answer

「新卒で入社した会社が、思っていた環境と違う」「他にやりたい仕事がある」など、さまざまな理由ですぐに辞めようと考える人は多い。

入社したてで辞めるのは「履歴書に傷がつくかもしれない」「評価が下がるかもしれない」と転職をためらう人も多いのではないでしょうか。

新卒で入社した会社を辞めようと思ったら、まずは自分の状況や希望を整理し、退職するかどうかを決める必要があります。

ここでは、新卒で入社した会社を辞めたいときに考えるべきことを紹介します。

退職理由を明確にする

退職するかどうかを決める前に、まず考えなければならないのは退職理由です。

仮に退職して転職する場合、履歴書や面接で説明しなければならない部分になります。

また、退職理由をまとめておくことで、本当にその会社を辞めるべきかどうかを明確に判断することができます。

「仕事内容」「人間関係」「労働条件」を中心に、希望と現実のギャップがどの程度あるかを考えてみましょう。

「仕事内容」については、「今は希望と違うが、続けていれば希望通りの仕事が与えられる」という可能性があります。

人間関係や労働条件も同じです。

続ければ変わる可能性が大きいものはたくさんある。

現状だけを考えるのではなく、今の仕事を続けた場合の将来についても考えてみてください。

辞めることのメリット・デメリットを考える

明確な退職理由があって、どうしても今の会社の環境に変化が見られないとしても、すぐに会社を辞めようというのは早計です。

会社を辞めるか辞めないかは、あなたの人生や生活に大きく関わる問題です。

肉体的、精神的に追い詰められていない限り、慎重に検討すべきです。

次に、会社を辞めるメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット:自分に合う仕事が見つかる

学生時代は周囲と足並みを揃えて、とにかく就職活動をしていたかもしれません。

新卒で入社した会社を辞めて転職するのであれば、学生時代に比べて成長し、視野も広がっているはずです。

そのため、本当にやりたい仕事が見つかる可能性が高くなります。

メリット:出会いの機会が増える

また転職することで、新しい出会いがあります。

それまでとは違う人間関係を築き、新しい発見をし、新しい自分を発見することができる。

どうしても同じ会社だと、転職者や新卒で新しい人間は増えますが自分は関わるか別なので増える可能性は少ないです。

デメリット:転職が上手くいかない可能性がある

転職には多くのメリットがあるが、それらはすべて転職後にもたらされるものです。

場合によっては転職が困難になることもあります。

それが会社を辞めることの大きなデメリットです。

会社を辞めれば、当然今までと同じ収入を得ることはできません。

転職に時間がかかればかかるほど、生活が苦しくなってしまうので会社を辞めるかどうかの判断は、その点を念頭に置いて行いましょう。

まとめ

会社を辞める決断をする前に、よく考える必要がある。

辞めたいという結論に至ったのであれば、思い切って退職するというのも一つの選択肢です。

転職は現代社会では珍しいことではありませんし、新卒で会社を辞めたのであれば、第二新卒として転職することも可能です。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です