複数内定の対処法|どの企業を選び、どの内定を辞退するべきか

複数内定が出たときはどんな方法で辞退したいですか
  • Add your answer

転職活動をしている人の多くは、同時に複数の企業に応募しています。

1社に絞るのではなく、複数の企業を比較・検討するメリットは、自分の理想の働き方や職場に求めるものが明確になることです。

しかし、複数社から同時に内定をもらったり、第一志望企業の選考結果を待っている間に他社から内定をもらったりした場合、どのように対応すればよいのでしょうか。 

今回は、複数社から内定をもらった場合の対応方法とマナーについてご紹介します。

返事に時間がかかる時は期間を設定する

内定をもらったら、その会社に入社するかどうかを連絡する必要があります。

中途採用の求人の多くは欠員補充を目的としているため、企業は内定後できるだけ早く入社してほしいと考えるのが一般的です。

できるだけ早く合否を伝えるのが礼儀です。

しかし、何らかの理由で内定を保留したい場合は、適切な申し出をし、企業側は一定期間待ってから返事をする必要があります。

では、実際にどのくらいの期間保留できるのでしょうか?

企業によって異なりますが、一般的には2~3日、長くても1週間と言われています。

それ以上待ってしまうと、入社の意思がないと判断され、内定を取り消されることもあります。

複数内定で後悔しない選択をするコツ

複数の企業を受ける就活の場合、最終的に入社できるのは1社だけなので、複数の内定を辞退する決断は必ず起こります。

新卒の就活と違い、社会人としての経験を積めば積むほど、転職先選びは慎重になります。

後悔のない転職をするためには、「なぜ転職したいのか」「働く上で何が大切なのか」を様々な角度から見つめ直すことが大切です。

しかし、限られた時間の中でその答えを出すのは至難の業です。

複数の内定先から1社を選ぶのに迷ったら、それぞれの会社に入社した自分を想像し、メリット・デメリットを書き出してみることをお勧めします。

各企業の特徴をイメージすることで、比較がしやすくなり、頭の中も整理されます。

転職で内定を辞退する時のマナー

内定先を検討し、気持ちが固まったら、速やかに内定辞退の意思を伝えなければなりません。

たとえ内定待ちの期間があったとしても、できるだけ早く連絡をするのがマナーです。

内定辞退の連絡はメールではなく、電話でお詫びの気持ちを伝えましょう。

始業時間や終業時間などの忙しい時間帯を避けるなど、基本的なビジネスマナーを守ることが大切です。

他社への転職が決まったことを伝える必要はありません。

慎重に検討した結果、一身上の都合により内定を辞退することにしました。

まとめ

複数の企業から同時に内定をもらうと、「早く1社に絞らなければ」と焦ってしまいがちですが、まずは落ち着いて冷静に判断してから転職先を決めましょう。

また、内定を辞退した会社には最後まで誠実に対応するのが社会人としてのマナーです。

複数社への転職を考えている方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です