転職先は伝えるべき?退職時の正しい進路について

転職先のことは上司や同僚に伝えますか
  • Add your answer

会社を辞めるとき、上司や同僚から次の進路を聞かれることが多い。

そんな時、転職先を正直に伝えるべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は、転職を考えている方が気持ちよく転職活動をスタートできるよう、退職する会社で転職先を聞かれた時の理想的な受け答えをご紹介します。

退職する会社では転職先を伝えないのが一般的

次の転職についての詳細は、退職する会社では秘密にしておくべきです。

もちろん、転職のことを誰かに話してもいいと自分で判断した場合は例外です。

 ただし、その会社の上司や役職のある人が、必ずしもあなたを快く送り出してくれるとは限りません。

正直に転職先を伝えてしまうと、根拠のない悪い噂を聞かされたり「あの会社では活躍できないと思う」などと言われたりして、転職に不安を感じてしまうかもしれません。

事実かどうかもわからない情報に振り回され、新しい仕事を始めることに不安を感じるのは良い気分ではありません。

 転職を心から応援してくれる信頼できる同僚や先輩以外に、不用意に転職の話をするのは控えた方がいいでしょう。

「退職後はどうするの?」へのベストアンサー

むやみに転職先を明かすべきではないと言ったが、実際に聞かれたらどう答えるべきか。

 「今後の進路は今の会社とは関係ないので、退職の挨拶として最終出社日に報告します」などと言えればいいのですが、最後まで円満に働きたいのであればそうはいきません。

 その場合は、「現在転職活動中で、今後の予定は全く未定です。決まったら連絡します。」とさりげなく返事をするのがよい。

後日連絡しますとすることで、それ以上の追及が来にくくなります。

退職願に「転職先」の欄がある場合…

会社によっては、「退職後の予定」などの欄を設けるなど、独自の退職願フォーマットを使用しているところもあります。

しかし、退職願の書式は自由であり、会社の書式に従わなければならないという法律はありません。

仮にそのような項目があったとしても、転職先を伝えるつもりがないのであれば、空欄にするか「未定」と書いておきましょう。

 また、失業保険や厚生年金の手続きで新しい雇用主の名前を聞かれることがありますが、実際には新しい雇用主の情報は必要ありません。

記入を希望しない場合は空欄で構いません。

まとめ

退職する際、多くの人は最後まで円満な関係を維持するために、周囲に対してできるだけ正直に話したいと考える。

しかし、すべてを正直に伝えることのリスクも考えなければなりません。

転職を考えていて、周囲に伝えるべきか悩んでいる人は、今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがだろうか。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です