内定後のチェックリスト|快適な転職のために確認すべきポイント

転職で内定後の流れは把握できていますか
  • Add your answer

内定をもらうと、ホッとして気持ちが落ち着くかもしれません。

しかし、内定をもらってから入社するまでの期間は、やることや確認事項が多く意外と忙しいものです。

しっかりと準備をして、気持ちよく入社し、新しいキャリアをスタートさせましょう。

今回は、内定から入社までにやっておくべきことをご紹介します。

内定通知書を貰う

多くの場合、内定通知は電話で行われます。

電話に出られない場合は、すぐにかけ直すこと。

会社によっては、封書やEメールで連絡してくることもあります。

(今だとメールでの連絡が主流かもしれませんね)

内定をもらったが、他社の結果を待ちたい場合は「○日後にお返事します。」と伝えるべきですがストレートに答えるのが難しい場合は、「家族と相談の上、お返事いたします」と言ってもOKです。

保留期間は1週間から長くても半月以内にしましょう。

企業もすぐに人材が欲しいので、手間を取らせない為にも迅速に対応した方がお互いにとってベストですね。

入社前に労働条件をしっかりとチェック

内定後、必ず労働条件を確認しましょう。

内定後、会社は労働(雇用)条件通知書や労働(雇用)契約書を作成し、メールや郵送で送付してきます。

入社日や契約期間、職種など、応募時や面接時に提示された労働条件と相違がないか、1つ1つ確認しましょう。

会社と書類を交わした時点で、労働条件に合意したことになります。

労働条件が曖昧なまま入社してしまうと、後から「聞いていた話と違う」と声を上げることが難しくなります。

聞いていた労働条件と違う場合は、その違いを指摘し、会社と交渉することが大切です。

退職に向けて引き継ぎをする

転職する場合は、もちろん現職を辞めなければなりません。

すでに退職している場合は問題ありません。

しかし、在職中に転職する場合は、転職先の入社日に間に合うように退職の準備をする必要があります。

法的には2週間前までに退職の意思を伝えれば問題ありません。

ただし、残務整理や引き継ぎなどの時間を考慮し、上司と相談して退職日を決めましょう。

入社・退社に必要な書類の準備

退職すると、会社から年金手帳、離職票、源泉徴収票が送られてきます。

社会保険は退職から転職までの期間が1日以内であればすぐに切り替えられますが、空白期間がある場合は国民健康保険などへの切り替えが必要です。

健康保険証だけでなく、貸与された制服や身分証明書、名刺、備品なども会社に返却しましょう。

入社後に必要書類を知らされて慌てないように、入社に必要な書類は事前に揃えておきましょう。

多くの場合、年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票などが必要になります。

そのほか、身元保証書、健康診断書、扶養控除等申告書、健康保険被扶養者異動届、給与振込先の届書などが必要です。

入社当日にスムーズに給与振込用紙に記入できるよう、通帳と印鑑をご用意ください。

まとめ

前職からの引き継ぎを終え、入社の準備が整ったら、会社の場所や出社時間を確認し、初出社の準備をしましょう。

内定は就職活動のゴールであり、新生活のスタートでもあります。

内定後は計画的に準備を進め、良いスタートを切りましょう。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です