円滑な転職の秘訣|仕事の引き継ぎスケジュールを立てよう

いつでも業務は引き継げる状態になっていますか
  • Add your answer

スムーズに転職するためには、円満に退職することが大切です。

転職後に前職から連絡が来るなどの事態を避けるためにも、退職時には担当していた仕事の引き継ぎをきちんと行いましょう。

今回は、仕事の引き継ぎの進め方やコツについて解説します。

引き継ぎのスケジュールを作る

いい加減な引き継ぎの結果、退職日までに引き継ぎが終わらないという事態は避けたい。

仕事の引き継ぎを始めるときは、「いつまでに何を完成させるか」をイメージする。

「いつまでに、誰に、どのように引き継ぐのか」を具体的に書き出しておくと、引き継ぎ作業が進めやすくなります。

余裕を持って引き継ぎスケジュールを作成し、退職日までに引き継ぎを完了させましょう。

スケジュールがタイトな場合は、重要な仕事から優先的に進めるとよい。

後任者には教えたら実際にやってもらう

引き継ぎを口頭で済ませてしまうと、後任者が自分でやろうとしたときに何をすればいいのかわからなくなり、後々問題になる可能性があります。

仕事を引き継ぐときは、後任者に実際にやってもらいましょう。

耳で聞くだけよりも、実際にやってもらった方が、後任者も理解理解が深まります。

それに間違えて認識していても、訂正ができるので実際にやってもらうことはとても大事ですね。

見返せるように「資料の作成」

後任者が困ったときに確認できる資料を用意しておけば、引き継いだ後も安心です。

資料作成を後任者に任せるケースもあるが、後任者は仕事の全容を理解していないため、資料が不十分なものになりがち。

また、イレギュラーな事態にも対応できるようにトラブル発生時の対応についても詳細を追加したいです。

過去に起きたトラブルの事例を加えることで、不測の事態にも対応しやすくなる。

引き継いだ内容を上司にも報告

重要な情報を確実に引き継ぐために、引継ぎの詳細は職場内に周知すべきです。

引き継ぎの際には、後任者だけでなく上司とも情報を共有する必要があります。

誰に何を引き継ぎ、どのような資料を用意したかを上司に伝えておくことで、後々「言った」「言わない」といったトラブルを防ぐことができます。

まとめ

新しい仕事を引き継ぐときは、常に後任者の立場に立って進め、新しいポジションを十分に理解してもらうようにする。

電話やメールで質問されたり、情報不足で元の職場に呼び戻されるのは迷惑です。

引き継ぎを終えて気持ちよく退職すれば、新たな気持ちで転職活動をスタートできます。

転職に関して知りたい情報を教えてください
  • Add your answer

追記:自分の強みを知りたいならこの記事

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です